[PR]

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領に対する弾劾(だんがい)訴追案について野党3党は2日、9日の採決を目指すことで合意した。国会には3日に提出する。弾劾訴追は国会議員300人のうち、200人以上の賛成で可決するが、野党3党と無所属議員だけでは足りない。与党セヌリ党から28人以上の賛成が必要になるため、与党の非朴派への働きかけを強める。

 弾劾訴追案は、朴氏が長年の支援者、チェ・スンシル被告に機密文書を渡したり、財団設立で財閥企業に資金拠出を強要したりしたなどと指摘。「職務執行において憲法と法律に広範かつ重大に違反した」として罷免(ひめん)を求めた。

 弾劾訴追が議決されれば、大統領の権限が停止され、首相が代行する。実際に弾劾するかは憲法裁判所が180日以内に決める。弾劾訴追案は2004年の盧武鉉(ノムヒョン)大統領に対して提出されて以来、12年ぶり。

 朴氏は11月29日、大統領の…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら