[PR]

 ロシアの宇宙機関ロスコスモスは1日、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を届けるロシアの補給船「プログレスMS04」の打ち上げに失敗したと発表した。

 プログレスはソユーズUロケットでカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたが、約6分半後、高度約181キロに達したところで制御不能となり、落下した。補給船とロケットはほとんどが燃え尽きたとみられ、地上での被害は報告されていない。

 ノーボスチ通信によると、ロケットの3段目のエンジンを組み立てる際に不備があった可能性があるという。ロシアは昨年4月にもプログレス打ち上げに失敗している。(モスクワ=駒木明義