[PR]

 西武は2日、未成年の選手の喫煙が発覚したと発表した。名前は公表していない。球団によると、選手は今年5月ごろから喫煙が習慣化。1日に合宿所の自室で吸い殻から煙が発生し、火災報知器が作動して分かった。

 球団は当該選手に厳重注意し、当面の外出禁止処分を科した。記者会見した鈴木葉留彦球団本部長は「ファン、関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。