[PR]

 今年の演劇界は相次いで巨匠を失った。5月に演出家蜷川幸雄が80歳で、10月に俳優平幹二朗が82歳で逝った。最後まで情熱の若々しい炎を燃やし続けて「生涯現役」だった。没後400年の節目を迎えたシェークスピア作品が目立ち、超大作の「ヘンリー四世」などが話題を呼んだ。

 蜷川演出の作品では、2月にシェークスピアの「リチャード二世」が再演された。羽織はかまと留め袖姿の老人たちが車いすで登場。老人と若者のペアでタンゴを踊る。老いと若さ、生死など人生の裏表を象徴的に描いた。最後の作品は5~6月に上演されたシェークスピアの「尺には尺を」。蜷川は病室で映像を確認していたという。

 蜷川は日本人の感性で描くシェークスピア、度肝を抜く劇の始まり、藤原竜也ら人気者を輩出した数々の名作などの果実を残した。

 平は9~10月に舞台「クレシダ」に出演、よどみないセリフを披露。朗々とした声と迫真の演技で最後まで大きな存在感を放った。

 通しで6時間以上の鵜山仁演出のシェークスピア「ヘンリー四世」では、ヘッドホンにロッカー風の衣装をまとった「ハル王子」が登場、クイーンの楽曲も流すなど、自由でみずみずしい現代感覚が際だった。

 中津留章仁、長田育恵、古川健らの新作も光った。

 一方、歌舞伎界では中村芝雀が五代目中村雀右衛門を、中村橋之助が八代目中村芝翫(しかん)を襲名、3人の息子たちもそれぞれ襲名した。

 国立劇場開場50周年記念で「仮名手本忠臣蔵」を歌舞伎で3カ月かけて連続完全通し上演、文楽でも12月に通し上演をした。

 劇団前進座代表の中村梅之助は1月に85歳で逝った。梅之助が初演した井上ひさし作「たいこどんどん」を中嶋宏太郎と早瀬栄之丞が初役で演じた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも