[PR]

 4日にあった福岡国際マラソン。70回目の今年も選手は様々な声に支えられ、走った。リオデジャネイロ・パラリンピックで活躍した視覚障害者のランナーは、今回は同じランナーとして出場したリオの伴走者の励ましを力に、日本記録を更新した。熊本地震で救助にあたった地元消防士は、「熊本頑張れ」の声に感謝しながら走りきった。

 リオデジャネイロ・パラリンピックの男子マラソン(視覚障害)で5位入賞の全盲のランナー、和田伸也さん(39)=大阪府茨木市=はこの日、2時間32分11秒で走り、自身が持つ日本記録を1分35秒更新した。普段は伴走してくれる仲間の応援を力に、スピードに乗った。

 和田さんはリオでは、1500メートル決勝で日本記録を更新して6位。5千メートルも6位で、マラソンは5位。「福岡では日本新記録をめざす」。好調を維持して、記録が狙いやすい福岡に乗り込んだ。

 リオで伴走者を務めたのが中田崇志さん(37)=東京都世田谷区=だ。実業団で活躍し、ニューイヤー駅伝などに出場した。今は伴走者として活躍する。

 視覚障害があるランナーに伴走者は欠かせない。重要なのは二人の間合い。むやみに声をかけても、選手が落ち着いて走れない。絶妙のタイミングで道のりや他の選手との距離感、フォームの崩れなどを伝える。

 和田さんのようにトップクラスとなると、走力もなければ、口頭で指示をしながらの伴走などできない。和田さんは朝夕2回の練習のために毎日伴走者を探す。多いときは1日約20通のメールで調整する。

 これまでに練習を含め100人以上の伴走者と組んだが、国際大会の経験が豊富な中田さんを、和田さんは「とても信頼しています」。今年2月のパラリンピック日本代表の選考レースでは、中田さんの合図でスパートをかけてライバルを引き離し、リオへの切符を手にした。

 その中田さんがこの日は一般参加で出場。同じレースを別々に初めて走った。

 中田さんの目標は2時間27分…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも