[PR]

 イタリアの国民投票で憲法改正への反対が上回る見込みとなってレンツィ首相が辞意を表明したことを受け、菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で「イタリアの政治動向を注視するとともに、基本的な価値を共有する重要なパートナーなので、来年G7(主要7カ国)議長国であるイタリアと緊密に連携を取りながら協力していきたい」と述べた。世界経済への影響については「G7を中心にしっかり連携を図りながら対応していきたい」とした。