[PR]

 大津市の高齢者向け野球教室の受講生が野球チーム「皇子山フレンズ」を結成した。メンバーは市内の62~78歳の男性17人。「明るく、楽しく、いつまでも」をモットーに、球児と同様、全国から還暦以上の選手が集まる大会「おじいちゃんの甲子園」出場を目指す。

 チーム結成後初めての合同練習となった6日、大津市の皇子山総合運動公園のグラウンドに、思い思いのユニホームやジャージーを着て、還暦を超えた選手たちが白球を追った。打撃練習では金属バットの快音が響く。「頑張れ」、「しっかり捕れよ」。チームメートからの声援を受け、無事外野手が飛球をグラブに収めると、グラウンドに笑い声が響いた。

 この日は65~78歳の12人が練習に参加し、2時間ほどフリー打撃やノックなどで汗を流した。会社のチームなどで60歳ごろまで野球を続けた最高齢の森哲郎さん(78)=大津市朝日2丁目=は「こうして話しながら汗を流すのはやっぱり楽しい」と話す。

 メンバーは市民の健康や体力維…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら