[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」が7日午前、参院本会議で審議入りした。民進、共産両党は「(法案内容は)政府への丸投げ」(民進の小西洋之氏)などと反対の立場から質問をした。衆院採決で自主投票を選んだ公明党は質問を見送った。

 自民党は午後の参院内閣委員会の理事懇談会で、8日の委員会採決を提案した。

 同法案は、衆院では委員会で審議入りしており、参院でも委員会で審議入りするのが慣例だが、衆参両院の手続きが異なる異例の対応になった。参院が同法案を重要法案と位置づけたことが表向きの理由だが、法案に反対する民進議員が参院内閣委員会の委員長についていることが背景にある。

 参院本会議では、提案者の細田博之・自民総務会長が趣旨説明。「(IRは)観光および地域経済の振興に寄与するとともに財政の改善に資する」と述べ、法案の意義を強調した。

 これに対して、小西氏は「どの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら