[PR]

 NHK大阪放送局は7日、朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の新たなキャストとして、江波杏子や林遣都(けんと)らが出演すると発表した。ヒロインすみれ(芳根京子)の娘さくらには井頭愛海(いがしら・まなみ)が選ばれた。

 来年1月からの放送で、舞台は昭和30年代に移る。さくらたちが出入りすることになる、ジャズ喫茶「ヨーソロー」の女主人を江波、プロドラマーを目指す青年を林が演じる。

 江波は「この年代はまさに私自身が映画デビューした年。タイムスリップしたようで、みなさんをいとしく感じる。愛情を持ってやらせていただきます」。朝ドラ初出演となる林は「一人の若者の人生を残せるように頑張りたい」と話した。

 さくらを演じる井頭は大阪出身…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら