写真・図版

[PR]

 どんなに清潔な暮らしをしていても、私たちの周りにはいつもバイ菌が存在しています。病院の無菌室にでもいないかぎり、私たちはバイ菌と一緒に暮らしているようなものです。そんな中で私たちは常にバイ菌をやっつけながら健康を保っています。

 私たちは生まれてから日常的に無数のバイ菌、すなわち「微生物」に接触しています。微生物は大まかに「細菌」「ウイルス」「真菌(カビ)」「寄生虫」に分類されます。このうち細菌は外部から侵入するだけでなく、普段から私たちの体内にずっと居続け、いい意味でも悪い意味でも共存していることが多いのです。

 例えば、皮膚にはブドウ球菌、口内にはレンサ球菌、大腸には大腸菌といった数々の細菌が、普段は悪さをしない「常在菌」として存在しています。常在菌は新たに侵入してくる微生物がそこで増殖するのを防ぐのに役立っています。

 納豆やみそ、キムチやヨーグルトがめったに腐らないのは、その中に大量の菌がすでに存在しているからです。

 しかし、なんらかのきっかけで常在菌が悪さをしたり、一部の人がもっている菌やウイルスが病気を発症させたりする場合があります。

 誤嚥性(ごえんせい)肺炎や膿瘍(のうよう)(感染で膿(うみ)がたまった状態)の原因となる嫌気性菌はすべての人の口腔(こうくう)内や腸管に存在していますし、人によっては胃潰瘍(かいよう)の原因となるピロリ菌や肝炎の原因となる肝炎ウイルスと共存している場合もあります。

 このように、体の中に「菌がいる」という事実があっても、それが正常であったり、病気として発症していなかったりする状態を「保菌」と言います。私たちは「保菌」をしながら、様々な微生物と共存しているのです。

 一方、微生物の体内での異常増殖によって、病気としてなんらかの症状が出ている状態を「感染症」と言います。

 ニキビが腫れて少し白っぽく膨らんだ状態や、爪を深く切りすぎて爪の横が腫れ、青白っぽくなった状態などは、私たちが日常よく目にする細菌感染症の実例です。表面的に見えない細菌感染症には、肺炎、膀胱(ぼうこう)炎など多数ありますが、普段健康な人にはあまり縁がありませんね。

 ウイルス感染症としては、みなさんおなじみのかぜやインフルエンザ、ノロウイルスによる感染性胃腸炎がその代表例です。

 真菌による感染症としては、足の水虫など皮膚の真菌感染症があります。

 このほか、大きな寄生虫(カイチュウやサナダムシなど)は内臓や腸管の中に寄生し、小さな寄生虫(マラリア原虫など)は細胞の中に寄生して感染症を引き起こします。

 このようにさまざまな病原微生物によって、私たちの体は常に「感染症」の危険にさらされているのです。

<アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hirosaki/(弘前大学大学院医学研究科臨床検査医学講座准教授 齋藤紀先)