[PR]

 昨年末に女性新入社員が過労自殺した広告大手の電通は9日、社員手帳に載せてきた社員の心得「鬼十則」を、2017年版から掲載しないと発表した。長時間労働を是正するねらいで、管理職を部下が評価する双方向評価制度なども来年1月から導入する。

 同日開いた「電通労働環境改革本部」で決めた。「鬼十則」は、電通4代目社長の故吉田秀雄氏が1951年に書いた10カ条の遺訓。過労自殺を受けて、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」という一節が長時間労働を助長するとして問題視されていた。

 管理職を部下が評価する制度は「360度評価」として導入し、社員の様々な価値観や仕事観を労働環境に反映させるとしている。

 改革本部では、すべての部門で有給休暇の取得率を50%以上にする目標を掲げることや、社員のキャリア開発を重視した評価の仕方を来年1月から労使で協議する方針なども決定した。

こんなニュースも