[PR]

 米中央情報局(CIA)が、米大統領選で共和党のトランプ氏が勝つようロシアがサイバー攻撃を仕掛けたと結論付けたと米紙ワシントン・ポスト(電子版)が9日伝えた。

 大統領選では、民主党全国委員会(DNC)や同党のクリントン氏の陣営がハッキング被害にあい、メールが相次いで内部告発サイト「ウィキリークス」上に暴露された。

 同紙によると、情報当局がウィキリークスに数千通のメールを提供した複数の人物を特定し、その人物らはロシア政府に関係していたという。

 また、ニューヨーク・タイムズによると、ロシアは共和党側にもサイバー攻撃を仕掛け情報を得たが、暴露せず、そのまま保持しているとみられるという。

 一方、米ホワイトハウスは9日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら