[PR]

 大リーグのカブスでプレーし、フリーエージェントになった川崎宗則内野手(35)が10日、熊本地震の復興支援として、熊本市内で野球教室を開いた。

 川崎は第2子となる女児が2日に生まれたばかり。約120人の小学生と交流し、「どうしても父親目線になる。じじいになったなあ」と笑いを誘った。

 ただ、今後の去就について問われると表情は一変。「揺れている。(結論は)年明けかも。日本と米国、どちらに転んでもおかしくない」と胸中を語った。

こんなニュースも