[PR]

 トルコの最大都市イスタンブール中心部で10日夜、2度続けて大きな爆発があった。ソイル内相は11日に会見し、少なくとも38人が死亡、155人が負傷したと発表した。死者の内訳は警察官30人、民間人7人、不明1人。エルドアン大統領は、爆発は「治安部隊と市民を狙ったテロ攻撃」と非難する声明を発表。治安当局はこの爆発に関与した疑いで13人を拘束した。

 ソイル内相は会見で「捜査では、実行犯としてPKK(少数民族クルド人の非合法武装組織クルディスタン労働者党)の可能性が示されている。ただ捜査中であり、多くを説明することはできない」と述べた。

 連続爆発があったのはトルコのプロサッカーチーム、ベシクタシュが本拠とするサッカー場周辺。この日はプロサッカーの試合があったが、爆発は試合終了から約2時間後に起きた。

 トルコメディアによると、1度目はサッカー場前で自動車爆弾が爆発し、約45秒後に近くの公園で2度目の爆発があったという。2度目は自爆犯の爆発という。爆発音は、現場から約5キロ離れた記者の自宅でも響いた。現場近くの住民によると、爆発後、複数回にわたって銃声も聞こえた。

 トルコ政府によると、負傷者155人のうち19人が重傷・重体で、死者は増える恐れがある。在イスタンブールの日本総領事館によると、日本人が事件に巻き込まれたという情報は入っていないという。

 爆発をめぐり犯行声明は出ていないが、トルコでは2015年夏から過激派組織「イスラム国」(IS)関係者やPKKによるテロが相次ぐ。ISは今月5日、広報担当が声明を出し、信奉者に対してトルコ政府関係者への攻撃を呼びかけたばかりだった。

 イスタンブールでは今年6月、空の玄関口アタチュルク国際空港でIS関係者による銃撃・自爆テロがあり、47人が死亡、200人以上が負傷した。(イスタンブール=春日芳晃

■仏大統領「力を込めて非難する」

 フランスのオランド大統領は11日未明、「多くの犠牲者を出したイスタンブールでのテロを、力を込めて非難する。新たな試練に見舞われたトルコに対し、フランスはあらゆる支援をしていく」とする声明を出した。大統領府(エリゼ宮)を通じて発表した。(パリ=青田秀樹)