[PR]

 部員不足の相撲部が、新入部員勧誘のターゲットにしたのは留学生――。大学相撲部の青春を描いた映画「シコふんじゃった。」にあやかろうと、モデルとなった立教大学相撲部が、留学生との交流会を開いた。「日本ならでは」の体験と、留学生の関心も高い。

 10日、埼玉県新座市の立教大相撲部の稽古場。米国やフランス、デンマークなど計9カ国の男女計14人の留学生が慣れない手つきでまわしをつけた。日本文化の体験企画として募集すると、すぐに定員に達したという。留学生らは四股やすり足など基本動作に挑戦。部員相手のぶつかり稽古や留学生同士の取組も体験し、最後はちゃんこ鍋を囲んだ。

 立教大相撲部は、本木雅弘さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら