[PR]

 2016年を表す漢字は「金」。日本漢字能力検定協会(京都市東山区)が全国から募集した「今年の漢字」が12日、清水寺(同)で発表され、森清範(せいはん)貫主(かんす)が大きな筆で書き上げた。15万3562通の応募のうち、「金」は最多の6655通だった。「金」が選ばれたのは00年、12年に続き3回目。

 同協会によると、今年はリオデジャネイロ五輪で日本選手が多くの金メダルを獲得。また、東京五輪の巨額経費問題など政治と金に絡む問題、米大統領選を制したドナルド・トランプ氏の金髪、金色の衣装を身につけ、ネット上で動画「PPAP」を配信してヒットさせたピコ太郎さんの活躍などを理由に挙げた人もいたという。

 2位は「選」(4723通)、3位は「変」(4619通)だった。(大村治郎)