[PR]

 信号機のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしていても9割以上の車が一時停止しないことが日本自動車連盟(JAF)の全国調査でわかった。JAF山梨支部によると、なかでも山梨県内での停止率は全国最低レベルだった。

 交通マナーの実態を調べようと、JAFが初めて調査した。車の通行量や車線など条件が似た全国94カ所の信号機のない横断歩道で、今年8月15日~9月1日の日中、JAF職員が横断を試みた。その結果、歩行者が渡ろうとしている時に一時停止した車は1万26台のうち757台(7・6%)だった。

 山梨県内で調査したのは甲府市内の2カ所。山梨支部によると、一時停止したのは345台のうち、わずか8台(2・3%)で「全国でも最低レベル」だった。しかも一時停止したのは県外ナンバーの車が多かった。

 山梨支部は理由について「県内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら