[PR]

 大阪市浪速区のJR新今宮駅のホームで女性2人が突き飛ばされ、1人が転落した事件で、大阪府警が13日に殺人未遂の疑いで逮捕した無職中川晃大(あきひろ)容疑者(28)=大津市=の母親(61)が取材に応じ、容疑者は就職できずに悩み、心身ともに調子を崩していたと話した。事件直前には無銭飲食をしたと、店から本人が連絡してきたという。

 母親は13日、自宅前で報道陣の取材に応じ、「被害者の方に怖い思いをさせて申し訳ない」と謝罪した。

 母親によると、中川容疑者は職を転々とし、2012年の解雇後は無職。13年から無銭飲食を繰り返し、母親自ら返済して回ったこともあった。今年10、11月の就職活動も実らず、食事をとらずにやせ、病院に行くのも拒んだ。「パンが動いて見える」「耳元で誰かがささやく」などと話すこともあったという。

 中川容疑者は事件当日の11日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら