[PR]

 大阪市の橋下徹前市長(47)が退任して18日で1年。「政界引退」の宣言通り政治の表舞台から姿は消したが、安倍政権や維新との関わりは続き、政治への関心は薄れていないように見える。一方、19日に就任1年を迎える吉村洋文市長(41)は、橋下氏の政策を継承しながらも、議会との協調路線を演出し、懸案を前進させている。

トランプ現象・東京五輪…積極発信

 「オバマ大統領は作家や詩人になれば良かった。政治はきれいごとだけではできない。課題を見つめて、直球を投げるのが歴史を変える政治家だ」

 11月末、津市で「歴史を変えた政治家達」をテーマに開かれた橋下氏の講演会。約1時間半、オバマ米大統領を論評したかと思えば、次期米大統領のトランプ氏をたたえ、ポピュリズムについても「橋下節」で語り続けた。

 昨年12月18日に大阪市長を退任した橋下氏。テレビのバラエティー番組に出演しながら、講演で全国を飛び回る。民間の依頼が多く、関係者によると、講演料は200万円という。代表を務めた日本維新の会の議員らのパーティーで講演しても同額だが、11月下旬には地震被災地の熊本県益城町の団体からの依頼を無料で引き受けたという。

 自らが設立した維新への影響力…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら