[PR]

 日ロ首脳会談が開かれた山口県長門市では、地元選出の安倍晋三首相が開催を表明して以降、市民は「おもてなし」の準備を重ねてきた。だが、プーチン大統領と接触する場面はほとんどなく、2時間以上の遅刻も重なり、肩透かしとなった。

 午後6時過ぎ。白バイを先頭に、プーチン大統領を乗せた黒塗りのベンツが現れ、長門市の湯本温泉にある旅館「大谷山荘」に近づいた。

 車列に気づいた旅館前の市民約300人は慌てて日本、ロシア両国の国旗が描かれた小旗を力いっぱい振った。ベンツはそのまま旅館へ。すっかり暗くなった沿道からは、車内のプーチン大統領の表情はうかがい知れず、市民との「ふれ合い」はあっという間に終わった。

 当初、小中学生560人を含む1100人で出迎える予定だったが、大統領の到着が2時間以上も遅れたため、「夜は危ない」と子どもたち全員が不参加に。沿道に並んだ市民は午後4時からあられが降る中で待ち続けた。両親と出迎えた津田絹恵さん(37)は「あっという間に行ってしまった。もっとゆっくり走ってくれるかと」と、残念がった。

 地元が事前に要望した交流イベ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら