[PR]

 予想外の大ヒット作になったアニメ映画「君の名は。」が8月末に公開された直後から、そのモデル地を巡る「聖地巡礼」のファンが飛驒市にどっとやって来た。あっという間に注目されるようになった裏には、地元の素早い対応や準備があった。

 「東宝が夏に公開するアニメ映画が飛驒市を描いている」。市観光課長の渡辺康智さんが情報を得たのは3月中旬のこと。その入手先は「マル秘」だが、1カ月後には、JR飛驒古川駅跨線橋(こせんきょう)や飛驒市図書館、気多若宮神社など公開後に「聖地」となる場所が、作品でどう描かれたかを示すラフスケッチも入手した。

 リアルで、しかも美しかった。「全国に売り込むチャンス」と見て、首都圏などで宣伝活動をする検討を市は始めた。

 だが高額な費用に加え、「巨大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら