【動画】打ち上げられた固体燃料ロケット「イプシロン」2号機=横田千里、吉山健一郎撮影
[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日午後8時、固体燃料ロケット「イプシロン」2号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。約13分後、搭載した探査衛星「エルグ」を分離し、予定の軌道に投入。打ち上げは成功した。JAXAは衛星の愛称を「あらせ」と決めた。

 イプシロンの打ち上げは2013年9月の初号機以来、3年3カ月ぶり。H2Aのような液体燃料ではなく、扱いやすく短時間で発射できる固体燃料を用いた新型ロケットで、全長はH2Aの半分ほど。コンピューターによる自動点検の導入などでコストを削減し、打ち上げ費用は50億円とH2Aの半分程度に抑えた。2号機は初号機を改良し、打ち上げ能力を3割向上させた。国内外で増加が見込まれる小型衛星の打ち上げ市場への参入をめざす。

 探査衛星エルグは重さ約350キロ。高度約300~3万キロの楕円(だえん)軌道を回り、地球周辺の宇宙空間に広がる放射線帯の電磁波などを観測する。JAXAは衛星の太陽電池パネルが正常に展開し、発電できていることを確認した。(小林舞子)