[PR]

 ヤフー・ジャパンのオークションサイト「ヤフオク!」をロシア語で利用できるようにするサイトをロシア系企業が独自に開設し、人気を集めている。ロシアから入札や配送の注文がしやすく、楽器やオーディオ、自動車部品などに、良質の中古品を求めるマニアが熱い視線を注ぐ。プーチン大統領の訪日で経済協力に関心が集まる両国。ネットビジネスではユニークな形で関係が深まっている。

 1970~80年代に生産された年代物のギターやベース約150本が所狭しと並んでいる。ヤマハなどの日本ブランドに交じり、米国のギブソンやフェンダーも見える。

 モスクワ中心部の建物の一室。ギター販売店のオーナー、アレクサンドル・ボルショフさん(39)は「ギターの9割はヤフオクで購入した。お気に入りは72年製フェンダーで、約48万円で買った」と話す。

 ヤフオクを初めて使ったのは2007年。良質の中古ギターが多く出品され、魅力的な価格で買えると驚いた。これまでヤフオクを中心に、日本から約7千本のギターを購入している。

 日本語の読めないボルショフさんがヤフオクを利用できるのは、兵庫県明石市に本社がある「インジャパン」のサイトを使っているからだ。登録会員数約16万人。1日約200件の取引があり、「ロシア語版ヤフオク」の最大手とされる。

 利用者はまず、インジャパンのサイトにある分類や検索機能で希望の商品を探す。例えば「楽器」を選ぶと、プログラムが自動でヤフオクの楽器関連ページをロシア語に翻訳。わずか0・3秒でインジャパンのサイトに表示する。利用者がロシア語で質問を書けば、カスタマーセンターが日本語で出品者とやりとりし、ロシア語で回答してくれる。

 希望の商品を選んでクレジットカードなどで代金を支払うと、インジャパンがヤフオクのサイトで入札。落札できれば商品を受け取り、航空便や船便でロシアに送る。ギターをモスクワに送る場合、船と鉄道で約1カ月半、費用は5千円程度かかるという。

 出品者から見れば単なる国内取引に見える。ヤフー広報室は「ロシアで人気とは知らなかった」と驚く。

 インジャパンの設立は06年。マレ・ルスラン社長(41)が札幌に留学中、ロシアの知人から「日本の商品を送ってほしい」という依頼が殺到したのがきっかけだ。

 インジャパンの倉庫を訪ねると、楽器のほか、レコードプレーヤーやニットの編み機など、発送待ちの商品が整然と並んでいた。釣りざおや米国のLPレコードなど形や大きさは様々。梱包(こんぽう)に使用する段ボールは60種類にものぼる。

 客の半分は富裕層の多いモスクワで、日本に近い極東が2割。商品の6割は中古で、100万円程度の高額商品も珍しくない。150万円の値がついた旧満州国の勲章や、約3千円の携帯電話の実物大模型など、熱烈なマニアからと思われる入札も多いという。ルスランさんは「絶版品も含め、保存状態の良い珍しい商品がヤフオクでは大量に取引されている。ロシアではとても手に入らない」。

■ライバルは中国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら