[PR]

 高さ約3メートル、幅約4メートルのサルの顔に似た巨岩が相模原市緑区青根の道志川の清流にたたずんでいる。巨岩は目を閉じ、なにやら思索にふけっている。去りゆくサル年、師走の空に何を思うのか――。

 2年前、海老名市の門倉静男さん(75)が撮影。道志川そばにある「青根緑の休暇村」の天野真一代表理事(68)に2枚を提供した。「サルの巨岩が観光振興の一助になれば、ありがたい」と天野代表理事。

 青根地区は人口が減り、若い人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら