[PR]

 沖縄県名護市沿岸で米軍輸送機オスプレイが着水を試み大破した事故で、米軍が運航をやめていたオスプレイが19日午後2時ごろ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で飛行を再開した。沖縄県側は激しく反発している。

 日本政府は事故後、安全が確認されるまでオスプレイの国内での飛行停止を米軍に要請し、米軍も「すべてのチェックリストを点検し、問題がないと確信するまで沖縄では飛行しない」と応じていた。

 米軍によると、事故を起こしたオスプレイは13日夜、沖縄本島の東方沖で給油訓練中にトラブルでプロペラを損傷し、名護市安部(あぶ)の浅瀬に着水して大破した。米軍は、オスプレイの設計や構造が事故原因ではないと説明している。