[PR]

 宮崎県は20日、同県川南町の肉用鶏養鶏場(飼養羽数約12万2千羽)の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認された、と発表した。19日に簡易検査で陽性反応があったため遺伝子検査を実施していた。国内の養鶏場などでの確認は今季6例目。

 県によると、19日午後に死ぬ鶏が増加していると農場から通報があり、県が簡易検査をしたところ、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出た。県は対策本部を設置し、周辺農場に対する移動自粛要請や防疫措置の準備を始めており、直ちに養鶏場での鶏の殺処分や消毒、鶏や卵の移動制限などの措置をとる。

 県内では2007年、11年、14年に鳥インフルエンザが発生している。