[PR]

 20日午前3時過ぎ、神奈川県伊勢原市田中の伊勢原協同病院から「けんかをしたという人が運ばれてきた。心肺停止状態だ」と通報があり、駆けつけた神奈川県警伊勢原署員が病院の入り口外で、仰向けに寝かされた男性の遺体を確認した。捜査関係者によると、死亡したのは50代の指定暴力団稲川会系組長といい、顔面を激しく殴られたようなけがをしているという。男性を車で運んできた人はいなくなったといい、県警は傷害致死事件とみて捜査を始めた。

 署によると、男性はジャンパーにスウェット姿で、身元を証明するものは身につけていなかった。