[PR]

 女性警察職員に居酒屋でセクハラ行為をしたとして、兵庫県警は20日、監察官室長の男性警視(55)を警務部長訓戒処分にした。室長は警察官の不祥事などを調べる監察部門のナンバー2。行為を大筋で認めているという。26日付で交通部付に異動する。

 県警によると、室長は11月下旬、神戸市内の居酒屋に女性を誘い、肩や背中、髪の毛などに触れながら「俺、あんたのこと好きやねんで」と話したという。女性が上司に相談して発覚した。

 室長は「仕事の激励のつもりだった。おわびしたい」と話しているという。当時は酒に酔った状態だった。

 町祐紀・首席監察官は「幹部職員がこのような事案を発生させ、誠に遺憾。幹部を含めた職員の指導を徹底し、再発防止に努める」としている。