[PR]

 家事を「仕事」ととらえ、就職として契約結婚してみたら――。そんな設定のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)が男女ともに注目を集めた。20日に放送された最終回の平均世帯視聴率は関東地区で20・8%、関西地区で22・5%(ビデオリサーチ調べ)。原作漫画の著者と、ドラマのプロデューサーに狙いと手応えを聞いた。

 原作漫画の著者、海野つなみさん(46)に、「家事=仕事」などの着想のきっかけ、作品への思いを語ってもらった。

 ――大ヒットですね。

 時代にあった内容だったんだと思います。ドラマも、エピソードは微妙に違いますが、芯を通るものは原作と同じものを描いて下さった。

 ――家事労働もテーマです。

 結婚すると女性は家事を多く負担しがちです。「家事は女性がやるもの」とか、「夫を支えてあげたい」とか、いろいろな考えや気持ちがまざってそうなっていると思います。

 そこに「家事=仕事」という視点を入れると、2人職場で1人に比重がかかりすぎなのはおかしい、となり、わかりやすい、と思ったんです。

 ――気持ちが通じ合い、プロポーズされ、「結婚で家事が無償になる」とモヤモヤする主人公に、見た人はどんな反応を?

 2通りありました。一つは、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら