[PR]

 ドイツやトルコでテロが相次いだことを受け、トランプ米次期大統領は21日、「私が正しいことが証明された」とし、イスラム教徒の入国制限の持論が正しかったことを強調した。滞在先のフロリダ州で記者団の質問に答えた。

 トランプ氏は、相次ぐテロ攻撃について「ひどい。起きていることはひどいことだ」と指摘した。

 トランプ氏は、テロ対策として、イスラム教徒の米国への一時入国禁止などを主張している。こうした政策への影響について問われ、「私の計画は知っているだろう。私が正しいことが証明された。100%正しい。今起きていることは恥ずべきことだ」と語った。

 トランプ氏はベルリンの事件の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら