[PR]

 徳川家康の遺品をはじめ、数々の国宝・重要文化財を有する徳川美術館(名古屋市東区)が、国内屈指の同人誌即売会「コミックマーケット91」(29~31日、東京ビッグサイト)に企業出展する。美術館・博物館では異例で、今夏に続いての試みだ。出展の狙いは?

 徳川家光の長女・千代姫の婚礼調度(国宝)、徳川家康が所有した太刀(国宝)――。徳川美術館といえば、御三家・尾張徳川家に伝わる圧巻の大名道具コレクションで知られる。一方のコミケは、マンガ・アニメ・ゲームなどが中心のイベント。意外性に「なぜ?」と驚く人は多い。

 後押ししたのは、名刀を擬人化したキャラクターが活躍するゲーム「刀剣乱舞」などを受けて高まった若い世代の刀剣人気という。多くの名刀を収蔵する徳川美術館にも、昨春ごろからゲームファンの若い女性の来館が目立つようになった。

 美術館としては「うれしい反響」。でも、当のファンからは「歴史や美術の知識がない自分は行くべきではない」「美術館に縁がなさすぎてマナーがわからない」「オタクが来てよかったですか……?」などと自粛の声も出ていたという。

 そこで、歓迎ムードを伝える意…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら