[PR]

 「ポケットから伸びるケーブルが邪魔」「かばんの中で絡まる」。そんなストレスから解放してくれる無線(ワイヤレス)のイヤホンやヘッドホンが人気で、市場が拡大しています。

 大阪市北区のヨドバシカメラマルチメディア梅田には100種類以上が並ぶ。

 無線で再生できる商品は数年前から販売していたが、イヤホンを差し込む端子がないiPhone(アイフォーン)7が発売された昨年9月以降、問い合わせが急増。スマートフォン売り場の近くでも新たに売り始めた。昨年の売り上げは、前の年の約3倍に伸びたという。

 大半の商品は、スマホやオーディオプレーヤーと、無線通信のブルートゥースでつながる。10メートル以内なら音を聴けるものが主流だ。ヨドバシ梅田での中心的な価格帯はイヤホンで1万~1万5千円、ヘッドホンで2万~3万円程度だ。

 これまで、有線に比べると音質…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも