[PR]

 県弁護士会は24日、「カフェでお茶を飲む気軽な雰囲気の中で憲法を知ろう」というコンセプトで全国に広まっている憲法カフェを新潟市中央区で開き、子供連れの女性ら約40人が耳を傾けた。会の冒頭には、米山隆一知事も参加した。

 講師は、2013年に憲法カフェを最初に始めた神奈川県弁護士会の太田啓子弁護士が務めた。

 憲法を守る義務があるのは国民ではなく国家側であり、国民は国家に憲法を守らせる側であることをクイズ形式で説明。憲法問題が女性誌で度々取り上げられていることに触れ、「私は頭の中が、ベッキーもSMAPも憲法も気になる、という方が良いと思います。憲法や政治の話を普通にできるようになれば」と訴えた。