[PR]

 将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)と現役最年長棋士の加藤一二三(ひふみ)九段(76)の対局が24日、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。両者は62歳差で、記録に残る将棋の公式戦としては最も年齢の離れた対戦という。

 午前10時、対局が始まると先手の加藤九段は力強い手つきで初手▲7六歩を指した。藤井四段もほどなく△8四歩。以下、加藤九段が最も得意とする戦型「相矢倉」になった。

 藤井四段は10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。竜王戦の予選に当たる本局がデビュー戦で、学生服姿で対局に臨んでいる。加藤九段は1954年に14歳7カ月で棋士になっており、藤井四段に破られるまで最年少記録だった。(村瀬信也)