[PR]

 年内での解散を発表しているアイドルグループ「SMAP」がレギュラー出演を続けたフジテレビ系の「SMAP×SMAP」(スマスマ)が26日、最終回を迎えた。メンバー5人の生出演はなく、事前に収録された「世界に一つだけの花」を歌うステージが放送された。31日の紅白歌合戦の出演も辞退しており、解散前に5人で出演する最後のステージになるとみられる。

 最終回は、午後6時半から約5時間の特別番組として放送。1996年の放送第1回のほか、脱退した元メンバー森且行さんの最後のステージ、稲垣吾郎さん、草彅剛さんが不祥事後の謹慎から復帰した時や、東日本大震災の被災地を訪問した際のシーン、メンバー5人での旅の様子などを交えつつ、番組とグループの活動を振り返った。

 また「ありがとうSMAP」をテーマに視聴者から募ったファクスを紹介。フジ広報部によると1万通を超えるファクスが集まったという。終盤には「スマスマ20年、そしてグループ活動28年、みなさまの気持ちに、深く感謝いたします。ありがとうございました」とするSMAP名のメッセージが流された。

 番組の最後に、今月収録された「世界に一つだけの花」を放送。そろいの紺色のスーツにちょうネクタイ姿の5人が、色とりどりの花をバックに白いステージで笑顔を見せながら歌った。歌い終わった後には、無言のまま深々と頭を下げた。リーダーの中居正広さんは後ろを向き、涙を拭う様子を見せた。

 スマスマは96年4月に放送開始。当時のアイドルとしては珍しかったコントや料理に挑戦するなどして人気番組になった。19日までに放送された919回分の平均視聴率は関東地区で18・1%、関西地区で16・7%(ビデオリサーチ調べ)。解散騒動が持ち上がった今年1月には5人が生出演し、一連の騒動を謝罪した。(滝沢文那)