[PR]

 インターネット上でのかんたんな手続きで、赤ちゃんとの特別養子縁組を仲介している「全国おやこ福祉支援センター」(大阪市浪速区)。阪口源太・代表理事(40)は、雑居ビルの4階にある事務所で「よそはスピード感に欠けている。ビジネスのように合理性を考えています」と語り、「ネット仲介」の意義を強調した。

 阪口さんは約3年前、自身も養子を迎えようと、特別養子縁組を仲介する児童相談所や民間事業者とやりとりした。新生児を望んだが、年齢などを理由に3~4歳を勧められ、子を引き取れるめども教えられなかった。この経験から「ネット養子縁組」を思いついたという。

 いま、生計は所有する不動産の家賃収入などで立てているという。「養親(ようしん)に求める負担額は、他の事業者とほぼ変わらないはずだ。ネット仲介事業での収益はほとんどない」と話す。今後、「年間3千組」の成立を目指すという。

 しかし、批判は多い。

 年間30件の特別養子縁組を仲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら