【動画】「触覚」を再現する装置を記者が体験してみた=小玉重隆撮影
[PR]

 特殊なゴーグルを着けると、目の前に「モンスター」が現れた。主人公になって弓をゆっくり引く。「パーンッ」。握ったコントローラーからは、矢を放った反動そのものが伝わってくる――。

 そんなVR(仮想現実)ゲーム機が今夏にも、ゲームセンターに登場する。使われているのは、実在しない物でも触ったような感覚になれる技術だ。

 開発したのは、茨城県つくば市のベンチャー企業「ミライセンス」の中村則雄さん(52)。コントローラーに埋め込まれた2センチ四方の装置が振動し、指先から神経に伝わって脳に錯覚を起こす。ゲーム世界での「銃で撃つ」「魚を釣る」といった手応えを伝える。

 「触りたい」。原点は学生時代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら