[PR]

 対局中に将棋ソフトを使った不正を指摘された将棋の三浦弘行九段(42)の記者会見が27日午後、東京都新宿区で始まった。三浦九段は「(出場停止処分を受ける以前の)元の状態にしてほしい」と話した。

 同席した代理人の弁護士は、日本将棋連盟の第三者調査委員会(委員長・但木敬一弁護士)が「不正の証拠がない」と認定したことについて、「評価できる」と述べた。一方で、第三者委が三浦九段を出場停止処分とした将棋連盟の判断を「やむを得なかった」としたことに対しては、「将棋連盟に寄り添ったものであり、極めて不当である」との見解を示した。

 三浦九段は夏以降、複数の対戦相手から「ソフトが選ぶ手と不自然に一致している」という指摘を受け、その疑惑に絡んで年内の出場停止処分を受けた。三浦九段は一貫して不正を否定してきた。

 三浦九段は第29期竜王戦七番…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら