[PR]

 昨年7月の参院選で当選した参院議員の「資産等報告書」が4日、公表された。報告した121議員は、14億円分の有価証券を持つ新人議員から、1億円以上の借入金を抱える元党代表まで様々だ。資産の総額が「ゼロ」の議員も15人いたが、報告する資産は限定されているため、「現行の公開では不十分だ」と指摘する専門家もいる。

 不動産や定期の預貯金、株式を除く有価証券を合算した金額を資産総額とし、これに貸付金額を加え、借入金額を差し引いたものを朝日新聞が独自に比較した。トップは元栄(もとえ)太一郎氏(41=自民、千葉)。弁護士として、昨年の参院選で初当選した新人だ。

 元栄氏は、法律相談サイトを運営する「弁護士ドットコム」の創業者で社長。資産の大半が約14億円にのぼる「社債券」で、同社とは別会社のものとみられる。このほか、自社の発行済み株式の約26%にあたる189万3700株も所有しており、報告時点(昨年7月26日)の終値で計算すると約40億円になる。元栄氏は秘書を通じ、「資産の大半は会社を上場させたときのもの」と回答した。

 預貯金の合計額がトップだったのは6800万円の今井絵理子氏(33=自民、比例)。1990年代後半に人気を博したダンスボーカルグループ「SPEED」のメンバーとして、ミリオンヒットを連発した。21歳の時に聴覚障害がある長男を出産し、「弱者の声を国政に」と政界入りした。事務所を通じ、「(預貯金は)10代のときの芸能活動で稼いだものを将来のために残していた」と説明した。

 一方、マイナス額が最も多かっ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら