[PR]

 市民団体「村山首相談話を継承し発展させる会」は28日、東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑で「戦争犠牲者を追悼し平和を誓う緊急集会」を開き、約40人が日本を含むアジア・太平洋の戦争犠牲者を追悼して黙禱(もくとう)し、献花した。

 藤田高景理事長は「真珠湾で安倍晋三首相がアジア侵略に言及しなかったことにがくぜんとした。日本の侵略により、南京やマレーシアなどアジア各地で多くの犠牲者を出したことを無視することは許されない。安倍首相の慰霊の旅は真珠湾で終わりではなく、アジア各地の戦争被害地へ続くよう、強く要求したい」と語った。(編集委員・北野隆一