[PR]

 滋賀出身のプロ野球選手による野球教室が29日、長浜市の長浜バイオ大学ドームであった。ソフトバンクの松田宣浩選手や楽天の則本昂大選手ら10選手が小学生約800人に直接指導し、質問に答えた。

 両選手のほか、中日の小熊凌祐、石川駿、ヤクルトの奥村展征、阪神の植田海、ソフトバンクの古沢勝吾、女子プロ野球兵庫ディオーネの高塚南海の各選手と、新人の鶴田圭祐(楽天)、坂本工宜(巨人)両選手が参加。打撃、守備、投球に分かれて指導した。

 松田選手は打撃指導で「ボールがバットにあたる瞬間が大事。思い切り振って」とアドバイス。見本で見せたトスバッティングの鋭い打球に歓声が上がった。質問コーナーでは緊張の対処法について、高塚選手が「声を出すと和らぐ」と答えた。

 植田選手に守備を教わった市立長浜小の古池冠太さん(4年)は「腰を落としてグラブを立てるとエラーしないと言っていたので、そうしたい」と話した。(杉浦奈実)