[PR]

 生後4カ月のペリカンが、山口県宇部市の「ときわ動物園」から逃げ出した。北九州を経て佐賀まで距離にして計約135キロを飛び、目撃情報が途絶えた。人が与えた餌しか食べたことがなかったのに、魚を捕食しているようで、飼育員は「たくましく生きて」と祈っている。

 逃げたのはモモイロペリカンの雌で、同時期に生まれた姉妹のうちの1羽。親鳥が育児放棄したため、高さ約3メートルの柵で囲まれたひな用の施設で人工哺育されていた。名前はなかった。

 職員が近づくと、ヒョイと頭を下げ、人が手で与えた魚しか食べなかった。羽ばたきを覚えたばかりで、ピョンと柵を飛び越えることはあったが、空を飛ぶのはまだ先と思われていた。

 ところが昨年9月26日、「ペリカンが園の上空を飛んでいる」と動物園に通報があった。職員が確認すると、ひな2羽のうち1羽が見当たらなくなっていた。

 職員たちは近所を手分けして探し、目撃情報の提供を呼びかけた。ペリカンの飼育に半世紀以上携わる飼育員の白須道徳さん(69)は「早く見つけないと、自分の力では生きていけないと思っていた」。

 3日後、宇部市の西隣、山陽小野田市の有帆川河口付近で見たと連絡があった。白須さんらが急行し、海側からモーターボートで近づいた。だが、もうそこにはいなかった。

 さらに3日後の10月2日、今…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら