[PR]

 稲田朋美防衛相の靖国神社参拝について、米国務省当局者は29日、「すべての関係国にとって癒やしと和解を促す方法で、歴史問題に取り組むことが大切だと強調し続ける」と朝日新聞の取材に答えた。中国や韓国などの反発を考慮し、暗に自制を求めた形だ。

 オバマ大統領と共に真珠湾を訪れ、「和解の力」を強調した安倍晋三首相に同行していた稲田氏の靖国参拝を、米政府が重く見ていることがうかがえる。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、稲田氏が真珠湾訪問の直後に参拝したことを強調し、「近隣諸国から軍国主義の歴史を美化すると見なされている神社を訪れた」などと批判的なトーンで報じた。(ワシントン=峯村健司)