[PR]

 日本マクドナルドホールディングス(HD)は31日、期限切れの食肉を使った製品を納めてきた中国の食品会社「上海福喜食品」の親会社、米食品卸売り大手OSIグループから合意金約24億円を受け取ると発表した。2017年1~3月期に特別利益として計上する。

 期限切れ食肉の使用は14年に発覚。マクドナルド側とOSIは、期限切れ食肉問題がマクドナルドブランドに影響を与えたことについてこれまで協議し、合意金は「ビジネスの回復と成長に向けた施策に充てる」(HD広報)という。HDは現在、上海福喜との取引はなく、中国産の鶏肉も使用していないが、OSIとは別の取引を続けているという。

こんなニュースも