写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 しびれに悩む高齢者は少なくない。しびれの原因は骨の変形から脳卒中までさまざまで、しびれている場所に原因があるとは限らない。隠れた病気が見つかることもあり、医師は早めの受診を勧める。

■骨の変形・脳卒中・・・早めに受診を

 千葉県内の女性(75)は、ひざの内視鏡手術を受けた後、杖をついて歩いていた。無理な姿勢が続いたせいか、首や肩の凝りや痛みが出て、右手の先がしびれだし、やがて左手もしびれるようになった。いつもジンジンして力が入らず、家事はおろか、コーヒーカップを持つこともできなくなった。3年前のことだ。

 整形外科に行くと「頸椎(けいつい)症」と診断された。加齢により、首の骨や、骨と骨の間でクッションの役割をする「椎間板(ついかんばん)」が変形して、神経が圧迫されて起きる。女性の場合、背中を走る脊髄(せきずい)から分かれて腕へとつながる「神経根」の部分が圧迫され、肩の痛みだけでなく、手や指先にしびれが出ていると考えられた。

 しびれの正体は神経の働きの異常だ。手足の感覚を脳に伝える神経のどこかに異常があると、感覚がまひしたり、何も触れていないのにジンジンしたりする。

 しびれの感じ方や表現はさまざまで、客観的な評価が難しい。しびれを伴う病気は、糖尿病の合併症や神経を包むさやが壊れる多発性硬化症、筋肉を動かす神経が傷害されるギラン・バレー症候群など様々だ。しびれている場所やその近くに原因があるとは限らない。東邦大医療センター佐倉病院(千葉県)の榊原隆次教授(神経内科)は「隠れている病気が見つかることもある」といい、神経内科や整形外科への早めの受診を勧める。中でも、左右どちらかの手や口のまわりに急に強いしびれを感じる場合、脳の視床と呼ばれる部分の脳卒中が原因として疑われ、急を要する。

 頸椎(けいつい)症と診断された女性は、過敏になった神経を鎮める薬を処方され、しびれは治まった。完全に治ったわけではないが、日常生活に不自由はなくなったという。閉じこもらず外出を心がけ、前向きな気持ちを保つようにしているという。

■運動には注意 手術も

 頸椎症のように神経の圧迫で起きるしびれは高齢者でしばしばみられる。神経の異常がある部位によって、しびれを感じる場所も変わってくる。

 東邦大医療センター佐倉病院の中川晃一教授(整形外科)によると、手の指がしびれる病気として、「手根管(しゅこんかん)症候群」が知られる。手首付近で、靱帯(じんたい)と骨で挟まれた神経の通り道(手根管)が圧迫され、親指から薬指のしびれが出る。手の仕事が多い人がなりやすい。ひじの内側の神経が骨などで圧迫される「肘部管(ちゅうぶかん)症候群」でも、薬指や小指にしびれが出る。

 頸椎症で脊髄が圧迫される「頸…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら