[PR]

 コンピューターによる不正の疑いを指摘され、その後の調査で、不正の証拠がないと判断された将棋の三浦弘行九段(42)が3日、出身地の群馬県高崎市で開かれた将棋イベントの開会式に登場した。一連の問題が起きて以降、ファンの前に姿を見せるのは初めて。

 イベントは、ヤマダ電機(本社・高崎市)が特別協賛をする「第13回YAMADAこども将棋大会」。同市出身の三浦九段は開会式で「ヤマダ電機さんは騒動が起きてからも信じてくれた。ありがたい」と述べた。来場者からは拍手がわき起こった。

 取材に対し、三浦九段は「(ファンの)みなさんにちゃんとごあいさつしたかった。地元の声援はありがたい」と話した。

 三浦九段は当初、この将棋大会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら