[PR]

 昨年12月の初旬。東京・南青山にある障害者の就労支援事業所「アプローズ南青山」では、精神障害や知的障害のある人たちがクリスマスのリースを作っていた。プロのフラワーデザイナーに教わりながら、モミやヒバの枝を丁寧に土台に結びつけていく。生花やコットン、ドライフルーツなどを飾り、ラッピングしてリボンをかけると、しゃれたリースが完成した。

 ここは「就労継続支援B型事業所」と呼ばれる施設で、インターネットでフラワーショップ「ビスターレ ビスターレ」を運営している。注文を受け、障害者が作った贈答用の花束やフラワーアレンジメントを3千~1万円ほどで販売するほか、企業の受付や店頭に飾る花、イベント会場の装花なども請け負う。

 事業所を作った光枝茉莉子さん(32)は大学卒業後、都庁で福祉の仕事をしていた。障害者が働く現場を見て回り、箱の組み立てやラベル貼りなどの作業が多いこと、工賃が安いことを知った。

 「障害のある人が自分の感性やセンスを生かせる仕事で、工賃アップを目指す場所を作りたいと思ったんです」。需要が安定していて単価が高く、人に喜んでもらえる仕事……、「花がいい」とひらめいた。30歳で都庁を辞め、2014年春に事業所を開いた。

 スタッフは花や福祉の職業指導員など7人。精神、知的、身体障害のある人が45人登録している。

 そのうちの一人、森田義男さん(45)は、別の施設からの紹介で2年ほど前から通っている。出版物のデザイナーだったが、くも膜下出血で倒れて記憶障害などが残り、仕事を続けることができなくなった。「朝起きたら全部夢になってないかなって、毎日思っていました」

 現在は週に3日通い、1日6時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら