[PR]

 年末年始、ネット上の中国の囲碁サイトにハンドルネーム「Master(マスター)」なる棋士が参戦し、非公式ながら世界のトップ棋士とみられる対戦相手に対し、今月4日までの1週間で60勝無敗という驚異の戦績を上げた。その正体は、昨年韓国の世界トップ棋士を破った囲碁AI(人工知能)の「アルファ碁」の進化版だったことが明らかにされた。

 囲碁サイトには少なからぬプロ棋士がハンドルネームを用い、短時間の非公式対局で腕試しをしているが、トップ棋士のハンドルネームは半ば公然と囲碁ファンに知られている。

 英語で「名人」「達人」などの意味を持つMasterは、12月29日に囲碁サイト「東洋囲碁」、元日からは「野狐囲碁」に登場。現在世界ナンバー1と評される中国の柯潔九段や韓国の朴廷桓(パクジョンファン)九段、日本の井山裕太六冠ら世界のトップ棋士とみられるハンドルネームの対戦相手をハンディなしの互先(たがいせん)で次々に破った。

 正体は何なのか。各国の棋士や囲碁ファンの関心が集まる中、日本時間5日午前0時ごろ、アルファ碁を開発したグーグル傘下のAI開発会社ディープマインドのCEO(最高経営責任者)、デミス・ハサビス氏は自身のツイッターでアルファ碁の進化版であることを認めた。さらに「われわれの非公式のテストは完結した。今年中に公式戦で披露することになるだろう」とした。

 チェスや将棋のトッププロが次…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら