[PR]

 米航空宇宙局(NASA)は4日、太陽系内の小惑星を調べる無人探査機2機を2020年代に打ち上げる計画を発表した。木星の公転軌道の前後にあり、木星とともに太陽を回る「トロヤ群」と呼ばれる複数の小惑星と、金属でできた小惑星「プシケ」(英語名Psyche=サイキ)に接近する。太陽系の起源に迫る成果が期待できるという。

 NASAによると、2機の探査機の名前はルーシーとプシケ。予算はそれぞれ約4億5千万ドル(約530億円)を見込む。

 ルーシーは21年10月に打ち上げ、27年から6年間で計6個の小惑星に近づき、表面の様子などを観察する予定。トロヤ群小惑星は、木星と太陽の重力が釣り合う軌道上の位置に集まっており、約46億年前の太陽系形成期に木星の誕生と同時にできたと考えられている。

 一方、探査機プシケは23年10月に打ち上げ、30年に木星と火星の軌道の間にある小惑星プシケ(直径約210キロ)に到達する予定。

 小惑星プシケは氷や岩からなる通常の小惑星と異なり、成分のほとんどが地球の核と同じ鉄やニッケルでできている。核やマントル、地殻など異なる層からなる地球などの惑星がどのようにつくられたのかを知る上で重要な手がかりが得られる可能性があるという。(ワシントン=小林哲