[PR]

 大麻成分の入ったキャンディー208個を米国から輸入したとして、神奈川県警が5日、米国籍の30代の男を大麻取締法違反(密輸)の疑いで再逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。男は「個人で使う分を友人に送ってもらっていた」と容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、横浜税関川崎外郵出張所(川崎市川崎区)の職員が昨年12月、国際郵便に大麻成分入りのキャンディーが入っているのを発見。中身を入れ替えて送り、受取人を捜査したところ、長野県に滞在していた男が荷物を受け取ったため、同月15日に麻薬特例法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したという。

 大麻キャンディーはなめると大麻を吸ったのと同じような状態になるという。(照屋健)